« 脱線学習法・・・?? | トップページ | 今がチャンス!! »

2013年9月30日 (月)

こまっている人をたすけたい

中学生向けの社会科の参考書に続き、またまた本屋へ行って、出会ってしまった。

今度は、小学生向けの本・・・? でも、中身を見ると、けっこう大人でも面白く読める。字が大きく、絵が多く、色もカラフルで、頭が疲れた時にでも読みやすいのがミソ。

今読んでいて印象に残っているのは、『こころのふしぎ なぜ?どうして?』の最後のほうの節、「こまっている人をたすけたい。どうすればいい?」というところ。

「自分にできることからはじめよう!」
「よくわからないのに、むりをしてやると、自分ではたすけているつもりでも、ぎゃくにあいてをこまらせてしまうことも。」
「人をたすけたいと思うなら、「どのようにたすけるのが、その人にとっていちばんよいのか」ということを、よく考える必要があります」
「人をたすけるためには、自分もいろいろなことを知らなければいけないのです」

私はこれまで、自分と同じような病気や症状、障害に困っている人を助けたいと思っていました。そうして、自分にできることは何かな?と考えて、サークル活動をしてみたりもしました。でも、活動をして行く中で、自分の無知や無理に気づいたのでした。

この本を読んで、自分の活動を実行するには、もっともっと知らなければならないことがあるんだな、と、納得するのでした。

Rimg0006

« 脱線学習法・・・?? | トップページ | 今がチャンス!! »

エンジョイ!こころとれっきんぐ♪」カテゴリの記事

カテゴリー

Link